エクソソームによるがん悪性化機構の解明

当研究室では、エクソソームを介したがんの増殖、浸潤、転移などのがん悪性化メカニズムおよび、がん微小環境の形成や前転移ニッチェの形成メカニズム解明に向けて研究を行っています。例えば、がん細胞が分泌するエクソソームに内包されるmiRNAが腫瘍内血管新生を引き起こし、その結果、エクソソームおよびエクソソーム内miRNAが転移にも関与していることを明らかにしました。さらに、がん細胞が分泌するエクソソームは脳血液関門を破壊し、脳転移を促進する一因であることも報告しています。がん細胞のみならず、非がん細胞である骨髄由来間葉系幹細胞が分泌するエクソソームが、がん細胞の休眠状態を誘導し、長期再発に関与していることを明らかにしました。現在、エクソソームが引き起こす卵巣がんの腹膜転移に関する研究やがん微小環境におけるエクソソームの機能解明などの研究を行っています。