エクソソームを利用したリキッドバイオプシーの開発

血中をはじめとする体液中にエクソソームは存在していますが、これらエクソソームは様々な細胞が分泌した「カクテル」です。その中から、がん細胞が分泌したエクソソームを捉えることで、がん診断が可能であると考えています。血液や尿の採取は低侵襲的に行えるため、苦痛の少ない診断法となります。エクソソームにはタンパク質やmiRNAが含まれており、それぞれがん細胞特異的な分子が存在していますので、何を「目印」にして、どのような方法で検出するか、が研究の重要なポイントになります。当研究室ではハイスループット性の高い、エクソソーム検出系を開発しました。この方法を用いて、大腸がん患者さんの血清に多く含まれるエクソソームの検出に成功しています。現在、血中に存在する膵臓がん細胞由来のエクソソームや、尿中の膀胱がん細胞由来のエクソソームを標的とした診断法の開発を行っています。また、血中に存在するmiRNAを標的とした新規バイオマーカーの探索も行っています。