previous arrow
next arrow
Slider

研究プロジェクト

論文業績

研究室メンバー

Imformation

(日本語) NEDOの「人と共に進化する次世代人工知能に関する技術開発事業-説明できるAIの基盤技術開発-」に採択

Sorry, this entry is only available in Japanese.

(日本語) 東京医科⼤学医学総合研究所の落⾕孝広教授が参画する研究チームが、前立腺癌における新たなエクソソーム分泌機構を解明 - エクソソームを標的とした新たな前立腺癌治療法への期待-

Sorry, this entry is only available in Japanese.

(日本語) 東京医科⼤学医学総合研究所の落⾕孝広教授が参画する研究チームが、血清中マイクロRNAで切除可能肺癌を高精度に診断-肺癌の早期発見・手術による予後改善に期待-

Sorry, this entry is only available in Japanese.

Greeting

分子細胞治療研究部門のミッションは、がんを始めとした様々な疾患の新しい診断法や治療法の確立を目的とした基礎研究の推進です。例えば、がんの病態がそうであるように、がん細胞の顔つきも複雑かつ多様性に満ちています。このような、がん細胞の特性を理解するためには、多方面からのアプローチが必要不可欠であり、そのための日々の技術革新と想像豊かな研究の発想が求められています。本分野のキーワードは、核酸医薬、生体イメージング、ステム細胞、再生医療、細胞工学、分子腫瘍学であり、これらの領域で蓄積した経験を基礎に、常に新しい分野の開拓にチャレンジしてきました。その結果、われわれの研究室は、核酸医薬を医師主導治験にまで推し進め、またマイクロRNAの前臨床試験や体液診断の実用化開発を発展させています。さらに、がん細胞が自ら分泌する細胞外小胞(エクソソーム)に注目し、そのコミュニケーション能力を武器に宿主での生存をかけたエクソソームの戦術を次々に明らかにすることで、がんの新たな理解に迫ろうとしています。特に、エクソソームが内包するマイクロRNAによるがんの転移メカニズムの解明と診断への応用、そしてエクソソームを標的とした新規治療法の開発はこれからの新しい研究分野であると考えています。がんに限らず、様々な疾患の進展にエクソソームの役割がこれまで解明されていることから、これらの疾患にも我々が開発するエクソソームを標的とした診断法や治療法が利用できるように研究・開発に取り組んでいます。

落谷 孝広 

Takahiro Ochiya

Project

(日本語) miRNAによるがん悪性化機構の解明と治療応用
Sorry, this entry is only...
Read More
(日本語) エクソソームを利用したリキッドバイオプシーの開発
Sorry, this entry is only...
Read More
(日本語) エクソソームによるがん悪性化機構の解明
Sorry, this entry is only...
Read More

Exosomes

Member

研究室メンバー[落谷 孝広]
OCHIYA TAKAHIRO 落谷 孝広 おちや...
Read More
研究室メンバー[吉岡 祐亮]
吉岡 祐亮(よしおか ゆうすけ) メッセージサンプ...
Read More