miRNAによるがん悪性化機構の解明と治療応用

遺伝子発現のファインチューナーであるmiRNAの発現異常は、がんを含む多くの疾患で認められています。これらmiRNAの働きを理解し、発現異常を正常に戻すことで治療を行うことや、miRNAの制御下にある遺伝子について機能解析を行い、新たな治療法の開発を手がけています。最近では、肺がんや骨肉腫の薬剤耐性に関与するmiRNAや肝がんの浸潤を抑制するmiRNAを発見し、報告しています。また、悪性骨・軟部腫瘍を標的とし、病理組織学所見に基づいたmiRNAの発現および機能解析を行いました。その結果、悪性化形質に関与するmiRNAを同定し、現在、臨床応用に向けて研究を進めています。