microRNAとexosomeがもたらすがん悪性化機構の解明と診断・治療への応用開発

近年、細胞外小胞exosome (エクソソーム)が関与する疾患メカニズムが明らかとなってきており、エクソソームの生物学的意義に注目が集まっています。様々な細胞がエクソソームにタンパク質やmicroRNA (マイクロRNA)、mRNAなどの機能分子をエクソソームに積み込み、近傍の細胞、さらには遠隔地にいる細胞へと、エクソソームを介してメッセージを送っています。がん細胞も例外ではなく、自身の生存に有利な分子をエクソソームに内包して周囲の細胞へ渡しています。また、がん細胞自身は周囲の細胞が分泌するエクソソームも巧みに利用しています。当研究室では、エクソソームへの理解を深めることで、新たな発がん・悪性化機構を見出し、新規治療法や診断法の開発を目指しています。さらに、様々な生命現象に関与するmiRNAが、多くの疾患の原因になっていることも報告されており、当研究室でもmiRNAによる発がんや悪性化メカニズムの解明に取り組んでいます。

miRNAによるがん悪性化機構の解明と治療応用

遺伝子発現のファインチューナーであるmiRNAの発現異常は、がんを含む多くの疾患で認められています。これらmiRNAの働きを理解し、発現異常を正常に戻すことで治療を行うことや、miRNAの制御下にある遺伝子について機能解 …

エクソソームを利用したリキッドバイオプシーの開発

血中をはじめとする体液中にエクソソームは存在していますが、これらエクソソームは様々な細胞が分泌した「カクテル」です。その中から、がん細胞が分泌したエクソソームを捉えることで、がん診断が可能であると考えています。血液や尿の …

エクソソームを標的とした新規がん治療法の開発

エクソソームの機能解析から得られた知見をがん治療へ応用することも試みています。がん細胞のエクソソーム分泌を阻害することで、がん微小環境や前転移巣の形成に必要な情報を遮断し、転移を抑制することを試みており、さらに、血中に分 …

エクソソームによるがん悪性化機構の解明

当研究室では、エクソソームを介したがんの増殖、浸潤、転移などのがん悪性化メカニズムおよび、がん微小環境の形成や前転移ニッチェの形成メカニズム解明に向けて研究を行っています。例えば、がん細胞が分泌するエクソソームに内包され …